障がい者支援施設 八太郎山療護園 の御案内


施設長
 高橋 昌之


所在地
 〒039−1161
 青森県八戸市大字河原木字八太郎山3−138
 TEL 0178−21−1178
 FAX 0178−20−1013



事業種類
 ・指定生活介護
 ・指定施設入所支援
 ・指定短期入所
 ・指定特定相談支援
 ・指定障害児相談支援

定員
 ・生活介護 40名
 ・施設入所支援 40名
 ・短期入所 6名



利用対象者
 障害者総合支援法による上記サービスの利用申請、障害福祉サービス受給者証の交付を受けられる方。

利用料金
 厚生労働大臣が定める基準によるものとなりますが、詳しくは当施設へお問い合わせ願います。



1、プライバシーへの配慮
 居室は個室Aタイプ(トイレ・洗面付)が8部屋、個室Bタイプ(全室・洗面付)が14部屋あり、
利用者の皆様のプライベート空間の確保が可能となっております。

個室Aタイプ

個室Bタイプ
2、基本的人権の尊重
利用者の皆様に対しての身体介護は、“同性介助”を基本といたします。スタッフの配置・出勤状況、利用者並びにご家族の皆様の意向により、必ずしも同性介助とならない場合もありますが、入浴・排泄介助の部分については、同性介助の原則を徹底しております。

3、行事、余暇活動の充実
 行事、余暇活動への参加は“自由・自己決定”を基本といたします。
利用者の皆様の個々の希望に応じた個人行事・余暇活動(スタッフ付き添いによる)、利用者の皆様が有志で行う参加型行事・余暇活動、そして利用者の皆様全員を対象とした施設行事・余暇活動に区分し、いずれも参加は、利用者の皆様の自由であり、利用者さん自身の自己決定・意思を尊重し、日々の生活の充実の支援を行っております。
ただし、自由であるということは自己責任というものが生じますので、個々の利用者によっては、行事等の企画・準備から実際の実施、後片付けまで利用者さん自身に行ってもらい(もちろんスタッフ側でもフォローいたします)、利用者さん自身の達成感・満足感(場合によっては失敗による悲壮感?)を味わってもらい、利用者の皆様の日々の日常生活の身辺動作の自立はもちろん、社会性に通ずる自立支援に努めております。

4、個別リハビリテーションの充実
 当施設では、介護スタッフが中心となって行なう集団リハビリテーションはもちろんのこと、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧士のスタッフを常勤配置し、利用者の皆様の機能回復、日常生活動作訓練として、利用者の皆様の個別の計画に基づいた理学・作業・物理療法等の個別リハビリテーションの充実を図っております。

5、食生活の充実
 当施設では、管理栄養士を常勤配置し、栄養ケアマネジメントに基づいた利用者の皆様の個々の状態に応じた食事の提供に努めさせていただいております。バランスの取れた季節の食材を取り入れた日々の献立や暦行事・四季の変化に合わせた行事食の提供はもちろん、利用者の皆様と共同で調理する手作りおやつの実施や通常の施設での食事以外にも当施設の日常生活動作訓練棟“八照庵”においての洋風メニュー、和風・麺メニュー、会席風御膳からの選択食の提供も可能であり、利用者の皆様の食生活の充実に努めております。
八照庵献立メニューはコチラ